2010年05月21日

<裁判員制度>施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」(毎日新聞)

 千葉景子法相は21日の閣議後会見で、施行から1年が経過した裁判員制度について「裁判員選任手続きの出席率は8割を超え、経験したほとんどの方が肯定的な回答をしている。これまでのところ順調に実施され、理念が定着しつつある」と述べた。依然として国民の間に抵抗感が残るとの指摘には「裁判員の経験がほかの国民にも伝わり、共有することも大事」と話し、経験者が体験を語る重要性を強調した。【石川淳一】

【関連ニュース】
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年
娘3人死傷:点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定
裁判員裁判:点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決

伊勢神宮の「せんぐう館」建設進む 再来年春に開館(産経新聞)
琉球銀行元行員を再逮捕=さらに1億円詐欺容疑―沖縄県警(時事通信)
妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)
地域活性化 廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
posted by フジエダ マサヒコ at 12:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の公募を開始(医療介護CBニュース)

 日本認知症ケア学会はこのほど、今年度の「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」の功労賞と奨励賞の公募を開始した。

 「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」は、質の高い認知症ケアに取り組んでいる個人・団体などを顕彰するための賞。認知症の人の能力を最大限に発揮できるよう援助すると同時に、生活の質の向上に努力・貢献してきた個人や団体などを対象とした功労賞と、今後、認知症ケアの現場へのさらなる寄与が期待できる個人や団体などを顕彰する奨励賞の2部門がある。

 受賞者は、10月24日の第11回日本認知症ケア学会大会で発表される。応募方法は、同学会が指定する用紙に受賞候補者の氏名、連絡先などを明記した上で、推薦理由(1200字以内)と共に郵送する。自薦は認められない。問い合わせ先は日本認知症ケア学会事務センター「認知症ケア賞」係03(5206)7431。締め切りは7月5日(必着)。


【関連記事】
介護従事者の「バーンアウト」を防ぐには―認知症ケア学会シンポ
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書
「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長
若年性認知症のコールセンターを開設

B型肝炎訴訟 閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)
海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
停電復旧、10分で可能に=東海道新幹線に遠隔操作装置(時事通信)
<日本創新党>基本政策を発表(毎日新聞)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
posted by フジエダ マサヒコ at 12:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。