2010年04月05日

元看護師を再逮捕、患者の肋骨11本折る(読売新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者が肋骨(ろっこつ)を折られたとされる事件で、佐用署などは4日、女性患者(当時85歳)を骨折させたとして傷害罪で起訴された元看護師羽室(はむろ)沙百理(さおり)被告(26)(懲戒解雇)を、別の女性入院患者(当時88歳)の肋骨を折ったとする傷害容疑で再逮捕したと発表した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、羽室容疑者は、2009年1月17日から同月19日までの間、肺炎などで入院中の女性患者(当時88歳)の胸を手で押しつけ、肋骨11本を折り、6週間のけがを負わせた疑い。

 羽室被告は患者6人への暴行を認めており、同署は残る4人についても捜査する。

毒ギョーザ容疑者逮捕、消費者・小売店関係者ら憤りと安堵(産経新聞)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
<名古屋市長>議会解散受任者募集で「はがき百万枚配る」(毎日新聞)
<日米密約>「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)
posted by フジエダ マサヒコ at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。